コラム

column

未経験者向け!地中配電線工事(送電線工事)と防災のかかわり

こんにちは!大阪府大阪市を本拠地として、地中配電線工事(送電線工事)、電気接続工事などを日本全国で承っている中江電気です。
地中配電線工事(送電線工事)を行うことで得られる大きなメリットの1つとして、防災に役立つ点が挙げられます。
では架空線を地中へ埋設していくことが、なぜ防災に効果を発揮するのでしょうか。
今回は求職者の方に向けて、地中配電線工事(送電線工事)と防災の関係をご紹介いたします。

災害と電線

手を横に出している男性
電柱によってつながれた従来の電線は、災害に弱い点がネックとされてきました。
架空線として高所に設置されているため風の影響を受けやすく、台風などの強風時には負荷がかかった電線が切断されてしまうケースも少なくありません。
また、地震の際は震度の大きな地震によって電柱が倒れると、電線が断線してしまい、広範囲に停電が発生します。
災害で電力の供給が止まってしまうと多くの人々の生命にかかわるため、電線の災害対策は大きな課題として捉えられているのです。

二次災害を防げる

電線が切れると高圧電気が地面や周囲の建物などに触れることになり、火災などの二次災害を起こしてしまうケースが多々見られました。
火災が発生するとより被害が拡大してしまうため、なんとしても二次災害は防ぐ必要があります。
そのような課題を解決できる技術が、地中配電線工事(送電線工事)でした。
地中に埋設された電線は風の影響を受けることがなくなり、電柱の倒壊に伴う断線もありません。
火災のリスクも大きく減らせるため、この技術によって都市の防災性が大きく高められたのです。

【求人】中江電気では新規スタッフを募集中!

ヘルメットと初心者マーク
中江電気では、電気工事の現場で働いてくださる正社員を募集中です。
弊社の電気工事は夜間に行われることも多いため、希望に応じて20:00~4:00の間で働いていただくことも可能です。
夜勤については年間休日が125日以上でございますので、3日に1日の出勤ペースでプライベートを充実させながら働いていただけます。
また、社名に「電気」と入っておりますが採用に際して電気工事士の免許・各種資格は必要ございません。
熱意さえあれば歓迎いたしますので、関心をお持ちくださった方はぜひ弊社へご応募ください!

中江電気では協力会社様を募集中!

現在弊社では、協力会社様を募集しています。
電気工事の現場における相互協力だけでなく、技術の共有や人材・機材・資材の融通など、相互に足りない部分を補い合える関係性を築いていただければ幸いでございます。
弊社は青森から九州まで全国各地で幅広く活動しておりますので、興味のある業者様は、ぜひお気軽にお問い合わせください!
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

最近の投稿

月別アーカイブ

月を選択

カテゴリー