コラム

column

夜勤で電気工事をするメリットとデメリットとは

こんにちは!大阪府大阪市に拠点を構え、地中配電線工事(送電線工事)・電気接続工事・ケーブル配線工事などを全国各地で手掛けている中江電気です!
電気工事は、夜間に行われることも多い工事です。
電気工事において夜勤の時間帯に働くことは、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
この記事では電気工事の仕事に興味を持っている方に向けて、夜勤の電気工事におけるメリットとデメリットについてご紹介していきます。

夜勤で働くメリット

送電線
夜勤で働く最大のメリットは、昼間の時間帯を自由に使えるという点です。
弊社の場合、夜勤は20:00~4:00が勤務時間であり、日中の時間はプライベートを充実させていただけます。
また、年間125日以上の休日をご用意していますので、夜勤の当日はゆっくり体を休めたとしても、休日には趣味などの時間に使えますよ。
他にも、夏の日中の暑気を夜勤によって回避できるという点も、夜勤の電気工事の大きなメリットだといえるでしょう。

夜勤で働くデメリット

夜勤のデメリットとして挙げられるのが、体調管理が難しい点です。
人間の生活リズムは個人ごとに異なるため、夜型の生活が合う人と合わない人が存在しています。
昼に活動して夜は眠るという生活リズムの人が夜勤で働くと、体調を崩してしまう原因になる場合もあります。
夜勤で電気工事に携わる際には、自分の適性をしっかりと見極めて検討することが大切です。

【求人】中江電気では新規スタッフを募集中!

給与明細と電卓
中江電気では現在、電気工事の現場で活躍してくださる正社員のスタッフを募集しています。
多様性のある人材を求めており、採用に際してこれまでの職歴や学歴は考慮しません。
経験や資格の有無を問わず、電気工事に携わってみたいという熱意のある方を歓迎いたします。
自分に合った働き方を選べる中江電気で、プロの電気工事士を目指しませんか?
皆様からのご応募を心よりお待ちしております。

中江電気では協力会社様を募集中!

中江電気は現在、協力関係を築いていただける電気工事業者様を募集しています。
電気工事には、さまざまな困難はつきものですが、パートナーとして相互に助力することで、不測の事態にも柔軟に対応できるでしょう。
現場における機材や人手の融通、双方の社員の技術育成など、多方面に協力しあっていければ幸いです。
弊社との協力体制に興味をお持ちいただけた際は、ぜひ弊社へご連絡ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

最近の投稿

月別アーカイブ

月を選択

カテゴリー